読書について。

私は、行き詰まると本にヒントを探します。

行き過ぎて、自己啓発中毒になったこともあります。

カンフル剤の様な効果があるので、良し悪しですが、

そんな中でも良い本に出会って来ました。

精神科医で、YouTubeでも為になるお話をされている、

樺沢紫苑先生の著書、「アウトプット大全」は、

インプット過多になっていた私にとっては、読書以上の効果でした。

以下は、読書中にメモした内容です。

 

 

・インプット‥読む、聞く

 

・アウトプット‥話す、書く、行動する

 

読書量を増やす(インプットを増やす)だけでなく、アウトプットを増やすことが重要。

他人に教えるということもとても有効です。

 

・フィードバック‥アウトプットによって得られた結果を評価し、その結果を考慮して、次のインプットに修正を加える。見直し、反省、改善、方向修正、微調整、原因究明。

 

・悪口は1円にもならない。言わないに限る。

 

・伝える‥良い話を先に、悪い話は後に。YES but話法。

業績アップしてるね。ただ遅刻に注意)

 

YES and話法。

業績アップしてるね。さらに時間厳守出来ると最高だな)

 

YES how話法。

業績アップしてるね。howどうすればもっと良くなる?)

※相手に気づかせると、行動が改善される

 

・まずは良い点を伝えて、相手の心を開こう。

・質問を考えながら話を聞くクセをつける。

・相手に喜ばれる質問をする。

・参加者に喜ばれる質問をする。(皆の代表として質問している)

・議論を深める質問をする。

 

・ギブアンドテイクは打算的。ギブアンドギブはお互いに与え合う精神。

 

・断り方の公式は、「謝罪(感謝)+理由+断り+代替案」

例)「すみません(謝罪)。選んでいただいて大変ありがとうございます(感謝)。本日、子供の塾の送迎がある為(理由)、残念ながらお引き受けできません(断り)。明日の午前中でしたら終わらせることができるのですがいかがでしょうか(代替案)

 

・何をしゃべるかどうしゃべるか。笑顔、堂々と、大きな声、ハッキリと。

 

・何かを書くときは、まず先に構成を決めてからかきはじめる。

 

・一番のアウトプットは教える事。

 

・読書は、読んだ後のアウトプット(感想文)が大切。

例)ビフォー「この本を読む前の私は○○でした。

        気付き「この本を読んで私は、△△について気付きました。

         Todo「今後、××しようと思います。」

 

もっと詳しく知りたい方は、下にリンクを貼っておきます。

一人でも良いので、何かの救いになれば嬉しいです。

 

www.amazon.co.jp

 

www.youtube.com

映画について。

映画を観てきました。

 

シンエヴァンゲリオン劇場版

 

いやぁ、色んな意味でさすがですね。

内容には触れませんが、一つだけ。

始まる前にトイレは必ず行ってくださいね。

 

さて。

鬱できつい時って、何していいか分からないけど、

私は、読書をしていました。

でも、同じ分野の本、特に自己啓発やビジネス書が多くなって、

インプット過多になってしまうんですよね。

良かれと思って始めたことが、いつの間にか辛くなる。

そんな悪循環に陥ってしまった時、映画を観ようと思ったの。

映画を観ている時間だけでも考え事しなくなるかなぁ程度の思いで。

元々、映画好きではなくて、どちらかというと苦手だったんだけど、

新しい事にチャレンジしようという事で、映画を観始めました。

手帳があれば1000円で観られるのがいいね。

 

 

鬼滅の刃も観たし、次はコナンかなぁ。

f:id:YOU_chan:20210311231337j:plain

劇場でもらったアスカの書き下ろしイラストチラシ

 

発病から初診。

私は22歳の時に発病しました。

といっても、その時は病院に行ってなくて、

数年後に病院に行った時にそう診断されました。

 

1回目症状が出たのは、突発的な不安から全てに絶望し、

不眠症になり、アルコールに溺れるようになりました。

その後は善悪の判断もつかないぐらいおかしくなり、

会社も休職するようになり、半年後に退職することになりました。

今で言うパワハラみたいな事もあったと思います。

会議室で何時間も拘束されてひたすら話を聞かされたり。

(私も会社の寮に引きこもって、寄生していたので仕方ないのですが。)

世間体とか気にして、実家に帰る事もできず、退職後もアパートを借りて

一人暮らしをしていました。(貯金していたので助かった)

 

2回目は、その後に就職した職場での仕事中。

PC打ってたら、突然身体が動かなくなり、

ただただ涙が滝のように流れ出した。

上司からは、

 

「仕事が出来ないのなら帰れ、働けるなら働け」

 

と言われたように思います。ほんの15年前ですが、

当時はまだ「鬱」にすら認知も理解もあまりなかったと思います。

その日、早退して池のほとりで『死にたい』と思った時、

初めて病院に行こうと思いました。

そこで初めて自分が病気であるのだと自覚することになりました。

当初診断は鬱病でしたが、後々、双極性障害と言われました。

鬱病双極性障害統合失調症の線引きは、医師でも難しいみたいです。)

 

少し長くなってきたので、今回はこのくらいで。

抽象的な内容ですが、詳しく書くと、とてつもなく長くなるので。

出来るだけ短くて、読みやすいブログにしたいのですが、

なかなか上手じゃないので、これから色々工夫していきます。

皆さんからのコメントやアドバイスもお待ちしていますね。

 

ユウ。

f:id:YOU_chan:20210226144237j:plain

バリ島サヌールビーチの日の出



 

ブログ始めてみました。ユウです。

 

双極性障害Ⅰ型と診断されて20年。

41年間色々あって、ここまで生きてきました。

 

これまでの経験や学んだ事などが、

今悩んでいる人・苦しんでいる人。

また、身近にそんな人がいて困っている人の為

になればいいなぁと思って、ブログ始めてみました。

 

病気のことにフォーカスし過ぎないように、

過去・現在の趣味や、日常の他愛ない事など書いていきたいと思います。

コーヒー・ファッション・旅行・スマホ・PC・ガジェット・本・映画・音楽

などが好きです。

他にも思い出したら書いていきたいと思います。

 

始めたばかりですが、皆さんどうぞよろしくお願いします。

コメントなどお気軽にどうぞ😊

 

写真は、2019年に一人旅で行ったバリ島の海です。

f:id:YOU_chan:20210225180228j:plain

バリ島の海

41歳♂